2011年03月02日

CFDって何?

最近、金融関係の雑誌などを見ていると、CFDという言葉をよく見かけます。
CFDというのは日本では比較的新しく登場をした投資法のことを言います。

CFDというのは「Contract For Difference」という言葉の略を言います。日本語に訳すと差金決済取引といわれます。

差金決済をするのが特徴で、株式取引のように実際の金融商品を売買するわけではありません。現在多くの人が参加をしている投資法としてFXというものがあります。基本的な仕組みについては、FXと大きな違いはありません。

しかしCFDの特徴としてFXは通貨のみを取り扱っている一歩で、取り扱っている商品が多岐にわたることがあげられます。
株式や通貨をはじめとして、商品先物や株価、業種などの各種指数なども取引の中に含まれます。株式については国内の銘柄だけでなく、海外の銘柄の取引の対象となっているのでいろいろなバリエーションで取引をすることができます。

日本ではまだまだなじみの薄いCFDかもしれませんが、欧米ではマーケットで取引されている中でも最も割合の高い商品となっています。取り扱っている商品が多いということは、それだけリスクマネジメントもしやすいところも魅力です。

イニシアスター証券(代表取締役 品野修三ではいち早くCFD取引をデキルツールを提供しています。


=PR=
ザメット東京のマンツーマンゴルフレッスンで仕事帰りにゴルフのレベルアップ
住友不動産 ステップは不動産投資をお考えの方にオススメ
卵殻膜粉末のアルマード化粧品で赤ちゃんのようなお肌を手に入れる
REDBOXのワイン通販は本格的なワインを家にいながら楽しめる
婚活相談所の婚活イベントは、色々なお見合いパーティー、合コンで運命の相手を見つけられる
無料査定、出張買取の鉄道模型 高額査定
即戦力となる人材をお探しなら日研総業の営業人材紹介


posted by バリュー投資 at 13:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。