2011年04月13日

不景気でも利益の可能性

普通の投資法を見ていくと、不景気でマーケットが下落局面になっている場合、どうしても利益をあげることは難しいです。株式市場などは、経営が悪化すると全面安になることもしばしばです。不動産販売のステップを利用した不動産投資でも、地価が下がれば利益も上がらなくなります。

ですがCFD取引の場合には、たとえマーケットが下落局面に突入をしたとしても利益を上げるチャンスがあるのです。その理由として、CFDの場合売りから入ることができるところにあります。

また株式取引を例に出しますが、株式取引の場合、買いから取引に参加をするしか方法はありません。売るといっても売る商品がなければ売ることができないからです。
しかしCFDの場合には、店頭取引ではなく、相対取引が採用されています。ですから証拠金という担保の一種を口座に入れれば、証券会社から商品を借りることができるわけです。
ですから売りから入ることが可能となるわけです。景気が後退している局面では、おそらく売った商品はさらに価格を下落させていく可能性が高いでしょう。
そして売った時よりも価格が下落をしたところで、再び売った商品を買い戻すわけです。こうすることで、売却時と購入時の価格の差益をせしめることができます。景気に関係なく、利益を上げるチャンスがあるというのは、投資する側からすると魅力的でしょう。

しかしその分、リスクも同様にあると考えなければなりません。上昇でも下落でも利益を挙げられる分、間違えれば上昇でも下落でも損をしてしまうということです。
CFD取引には、そういうリスクがあることをしっかり認識しておくようにしましょう。

ネットで稼ぐ方法として、そうしたリスク無しで稼げるのがアフェリエイトです。
自分の持っているブログやサイトに、firstlovelyオススメのワクワクメール出会い系Q&A ハッピーメールなどのコミュニティサイトの広告を設置したり、卵殻膜配合のアルマード食べる水素などの美容商品広告、ワイン通販のREDBOXの広告などを設置して商品の宣伝をしたりすることで、収入を得ることができます。
特に、毎日ブログの更新などを行っている方は、更新のついでに収入を得られるのですからとてもいい方法ではないでしょうか。

女性の場合は、家にいながら稼げるチャットレディも、副業としてはオススメです。


posted by バリュー投資 at 13:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。